上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<あらすじ>
蛍を見に行った夏目は、沼を見つめる男性とその傍に寄り添っている妖怪に出会う。
その男性は昔は妖怪が見えていたと聞いた夏目は、何故見えないのに沼に来ているか気になり始める。
そして自分にも何か出来ないだろうか?と考えはじめるが・・・


<感想>

「それでもかまわない。私がいなくても、あのひとは笑ってくれる。」
今回の夏目は今までとは少し違う悲恋物語でした。
でもやっぱり夏目は夏目で暖かくて、切なくて素敵なお話でした。

妖怪が見えるのがコンプレックスで今まで人にばれないように過ごしてきた夏目。
妖怪なんて見えなかったら良かったのに、と思い続けてきたはずなのにこのお話でそれを夏目は否定します。
沢山の妖怪達と関わって、ニャンコ先生と名前を返し続けてきた夏目の本音が漏れたんでしょうね。

愛し合っているのに、突然見えなくなってしまう。
見えているのに、相手は気づいてくれない。自分の声が伝わらない。
「会いたい!もう一度!」と叫ぶ章史さんの後ろで立ちつくすホタルの姿が、見てられなかったです。
「俺のこと、嫌いになってしまったのか!?」
そんな事はないのに。私も好きよ。って伝えたいのに。___届かない。
ホタルの事が大好きで、長年ずっと独身で沼に通い続けた男性。
そしてやっと心から愛せる結婚相手を見つけます。
自分の気持ちを伝えないまま、唐突に終わってしまった恋。
ホタルのほうも夏目を抱きしめたとき、今まで抱え込んでいた思いが飛び出したのでしょうか。

蛍の妖怪は一度だけ虫の姿に戻ることが出来る。しかし、そうすると寿命は普通の蛍と同じになってしまう。
「もう一度だけ、虫の姿でいいからあの人に会いたい」
必死で止めた夏目を振り切って、飛んでいってしまうホタル
仲良く歩く二人を包み込むように飛び回る沢山の蛍の姿がまるで結婚を祝福しているように見えました。
章史さんもホタルの想いに気づいてくれて、二人がもう一度だけ会うことが出来て、本当に良かったと思います。

もし妖怪が見えなくなっても、気持ちは心だけは残るんだと感じた夏目がすごく印象的でした。


そして恒例の今回のニャンコ先生。
あの、ちぢれ麺って何ですか!?(笑
なんかアニメのニャンコ先生は原作と違ってテンションがはっちゃけてる様に見えます。
今回のはちょっと吹きました。そのままですよ!!
それでも可愛いく見えるのはどうしてでしょう?

スポンサーサイト

テーマ:夏目友人帳 - ジャンル:アニメ・コミック



<あらすじ>
勉強合宿で山に訪れた夏目は、そこでいじめられている子狐を助ける。
夏目の帰宅後、どうしても夏目に会いたくて仕方がなくなった子狐は「一日だけ人間になれる薬」を飲み夏目の元へ行こうとするが・・・?

今回は見るのが遅れてしまい感想が遅くなってしまいました(汗

<感想>
30分間ずっと子狐の可愛さにキュンキュンしっぱなしでした!なにこの子!?めちゃくちゃ可愛いじゃないか!!(笑
OPにいた時点ですごく気になって」たんですが、やっと登場してくれて嬉しいですww
帽子を持って喜ぶ姿、何気に上目遣いで夏目の事を見つめる姿、ひょこひょこ揺れるあの素敵な尻尾!!触りたいです~

今回は夏目がヒーローでした!キラキラですね!
子狐をいじめていた妖怪が前に見たことあるような気がしたの私だけですか?似たようなのがいましたよね!?
いじめているのに何故だか憎めないのこ妖怪さん達!
このお話は泣く、っていう感じじゃなくて心をほんわか暖めてくれるという感じでした^^

「僕たちは、親分子分の関係じゃない。もっと別の繋がりだと、俺は思ってるよ」

夏目と一緒にいたくて、自分の名前を葉に書いて差し出す子狐。
なんか夏目の言葉ひとつひとつに感動しちゃいます!!

子狐も夏目に会いに行く、っていうのはとても勇気のいることだと思う。
「よかった、夏目寂しそうじゃなかった。寂しかったのは・・・僕。」
本当に寂しかったのは自分と思い知りながらも、夏目のことを思う事ができる子狐の優しさがすごく好き。
夏目には気づかれないように、と家を抜け出してきたはずでしたがやっぱり気づいていたんですね。
夏目に抱きついて泣いてしまったのも、今までの勇気や寂しさななど詰め込んでいた物全部溢れ出してしまって。

夏目の子狐のおかげで一歩踏み出す勇気を学べた夏目。
夏目も大切な「家族」の為にはやく一歩踏み出すことが出来たらいいな、と思います。
そして夏目にはちゃんと子狐に会いに行ってほしいですね!

最後に今回のニャンコ先生(笑
先生いつのまに「超サイアク」とか覚えたんですか!?
気の上から降りて来る時の爪跡も可愛かったですーww

テーマ:夏目友人帳 - ジャンル:アニメ・コミック


別冊図書館戦争 2 (2)別冊図書館戦争 2 (2)
(2008/08)
有川 浩

商品詳細を見る


<紹介>
図書館戦争シリーズのスピンアウト本第2巻。主役は気になるあの二人です。
正直学生のお小遣いではハードカバーを買うって悩むことなんですが、買って良かったと思える一冊です!
主役が主人公カップルとは違うため甘さは前作よりも控えめです。ビターな甘さって所でしょうか?
これで終わりと思うとやっぱり寂しいですが、最後は綺麗に、幸せに終わってくれたので満足です!
図書館戦争ファンの方はぜひ!(笑


<感想>

ここから明らかなネタバレは反転をするなど気を付けますが、多少のネタバレが入ってしまう場合があります。未読の方はご注意ください。


●表紙
いや、図書館戦争のもう一つの楽しみ方はこの表紙だと私は思っているんで!!
徒花スクモ先生の書く表紙が大好きなんです!
本を読破した跡で表紙を見て、これはあそこで出てきたあれだっ!みたいな間違い探し。
たまにあるちょっとした遊び心とか探してて大好きなんですよね~
今回のもちゃんとウサギinウサギがいたり、帯を取ったところに足を怪我して本を前にだすアイツがいたり・・・あぁ!楽しいっ!


●もしもタイムマシーンがあったら
たまに名前だけ出てくる緒方さん(こら が主役のお話です。
今まであまり気にしていなかったのに、このお話を読んでからちょっと好きになりました。
新藤さんと仲の良い理由や昔の驚きの事実などすごく楽しめました。
加代子さんとも色々あったけど、今でもお互い気にしているというかやっぱり最後はラブコメなんですね!!流石!有川先生!ラブコメ万歳!
個人的にはこの本の中で一番好きかなーと
ちゃんと夫婦になっている郁と堂上も呼んでいてニタニタでした!
そしていつまでも引っ張られる、熊殺し事件と、スポーツドリンク事件!
自分の弱みを決して明かさず、人を突き落とす小牧がもう・・・ねぇ?(笑

●昔の話を聞かせて
あまり明らかになっていない堂上と小牧の新人時代のお話です。
あまり大きな事件は小牧がいたから・・・と思ってましたがそうでもなかったですね。
昔の堂上は今の郁そのままです。
堂上が郁に自宅で話す、という形式で話は進んでいきますが、やっぱりニタニタするぅ!!
ちなみにウサギinウサギの表現で吹いたのは私一人ですか?

●背中合わせの二人 
この話は3つに分かれて目次には書いてありましたが、全部まとめて感想書きます。
この話は本当に読んでて怖かったです・・・!
階級がある職場だとこういう感情ってやっぱりできてしまう事なのでしょうか?
でも、いくら嫌いでそう思っても絶対にしてはいけない事なんですよね。
どんな嫌な目にあっても自分の仕事はしっかりやる!という柴崎が私には真似できません・・・
柴崎は強く見えていたし、平気そうに見えたけど強がっていただけだったんですね。
最後の手塚が王子様でしたね~


ネタバレ↓ 反転してどうぞ
最後はお互い素直になって無事ハッピーエンド!もう本当に良かった!
てか、あの三回のキスのあと何にもなかったのが驚きですよ!いきなりのキスもびっくりしたけど・・・
私、実を言うと犯人が最後まで分かりませんでした(笑
水島さんがそんなことをするなんて!ただの大人しい子だと思ってました・・・!
でもただのルームメイトならそんなに詳しく書く必要もないから、気づくべきだったよ!
色んな事があったけど、とにかくおめでとう!柴崎&手塚!!



てか此処まできたら小牧と毬江ちゃんの話も読みたかったなぁと。
黄色でいきましょうぜ!!

テーマ:オススメの本 - ジャンル:本・雑誌


<あらすじ>
釣りにきた夏目は夏の暑さで干上がってしまったダムを見つける。そのダムからは沈んでしまった村が姿を現していた。その後、夏目は水面で人影を目撃しそのまま倒れてしまう。人影は燕の妖怪で、昔ご飯を与えてくれた人間に会いたいというが、その人は燕の姿を見ることができなくて・・・

<感想>
名作でした。
大好きだった話がアニメで忠実に再現されて、とにかく感動ですー!
燕の声がイメージ通りものすごく可愛くてっ・・・!!もう、最高です!

「優しいものが好きです。 温かいものが好きです。 だから、人間が好きです!」

原作で読んでも、アニメで聞いてもじーんとくるこのセリフ。
なんでこのアニメに出てくる妖怪たちはこんなにも優しいんだろうなぁ。どの妖怪も暖かい気分にさせてくれるのです。
燕の手が冷たいのはその分、心が暖かいのだと思ってます。
言い方を間違えてしまった夏目を怒らないのも、夏目が不器用で本当は優しいって燕のしっかり分かっているんですよね。

「情が移ったからさ!友人の為に動いて何が悪い!」

夏目が素直に叫んだこのセリフも、燕への思いがそのまま現れていて良かったです。
夏目の成長?というか変化を感じるというのもこのアニメの見所だと思ってます。
あと、ニャンコ先生との関係もですね。会話が深くなっているんですよ。祭りに参加して馬鹿だなぁ・・・と思っていても結局は助けてしまうんですから!ニャンコ先生も本当は優しいのです。

「行ってきます!」

そのまま帰っては来なかったんですが、最後の写真の燕が幸せそうでっ・・・!
夏目の涙でこっちまで泣きそうでした。
最近思うのですが、このアニメ別に深夜じゃなくても問題ないですよね。
もっと沢山の人に見て欲しいと思える作品です。

テーマ:夏目友人帳 - ジャンル:アニメ・コミック


<あらすじ>
レイコの遺品の中から一枚の切符を見つけた夏目。
その切符を手がかりに駅を訪ねてみると、その駅はすでに廃線となっていた。
だが、駅には「さんと」と名乗る妖がいた。
「さんと」は「みくり」とケンカをしてしまい仲直りをするのに一緒に行ってあげる、とレイコと約束をしていた。
夏目はレイコの代わりに「さんと」と共に「みくり」の元へ行くが・・・?


<感想>

私はきつねうどんのきつねは真ん中で食べますよー
先でもないし、後でもないのです。まぁ、どっちでもいいのですが(笑

さて、今回はアニメオリジナルストーリーでしたね。
オリジナルでも、夏目は夏目でした。やっぱりいいですねw
ちなみに「さんと」を愛らしく感じるか、うっとおしく感じるか、ですが私は前者でした。
椅子にこしかけている時点からやばかったです。可愛いですww
ただ、ちょっと話し方があれなので聞き取りにくいなぁ・・・とは思いましたが。
「友情」がテーマだったみたいで良かったです。
ケンカをしてしまった北本と西村、「さんと」と「みくり、親友だから仲直りができたんですよね。
親友じゃなくちゃケンカなんて出来ません。
私にとっては一番身近なテーマに感じました。

そしてなにより田沼ですよ!!
夏目とナイスプレイ!みたいな^^
いつの間にあんな仲良くなったんだっ!!ですね。
なんか今、めちゃくちゃ嬉しいです。

ニャンコ先生も大活躍でしたね。
斑がかっこよかったー!
ニャンコ先生と夏目の間にも親友というものが生まれてきていますね。
一話から比較すると、ニャンコ先生はあまり「友人帳は夏目が死んだら自分がもらう」と言わなくなりましたし。反対に夏目のことを怪我がないか心配したりしています。
こういう時間の流れ・・・?でしょうか、こういうのをこのアニメは上手く表現できてるなぁと思います。

今回もお腹いっぱい満足です!
来週は「水底の燕」ということで、この話私夏目の中で一、二を争うくらいの名作だと思っています。
どうアニメにしてくれるのかなぁ~



テーマ:夏目友人帳 - ジャンル:アニメ・コミック


今日はメロが成長してました。

思春期

青色ですねー
くつろいでいるご様子です。

ちなみに先ほどテンプレートを変えてみたのですが、なんか隣がおかしくなってます><
カテゴリとかが下にいっちゃって見えません~
私のパソだけでしょうか?ならいいんでけどなぁ・・・
もうしばらく様子を見て考えます。マトリョーシカ♪可愛いなぁw

<あらすじ>
取り壊されることが決まった旧校舎での肝試しに参加することになった夏目。
ところがその校舎には、生徒たちを次々と消してしまう妖がいた。
また学級委員である笹田に、見えるの?と聞かれ助けて欲しいと頼まれるが・・・?


<感想>
干からびていた河童が大好きですっ!
やばかったですよー!
また、水をかけていあげる夏目も素敵ですよww

さて、今回も優しくて素敵な話でした。
「時雨様、名を返します。 一人の女の子の心を支えた優しいものの名前です」
このセリフがじーんと心に響きました。
夏目も、逃げようと思ったらニャンコ先生に乗って逃げれたんですよね。
アニメ初期の夏目だったら、妖と関わらずにいようと逃げたのではないでしょうか?
「自分に出来ることはやりたい。」
という決意というか、あぁ変わったんだなぁと思いました。

時雨も自分は不浄の者だから・・・と笹田を避けてきてましたが、それって人間を愛しているから出来ることなんですよね。
優しいんですよ。
最後は、不浄の者じゃないって気づけてよかったです。
「ありかとう。」の一言が胸にしみました。

今回つっこみたかったところは、ニャンコ先生が人間に化けたときの夏目の言い訳。
「ドッチボール部なんです!」
で、それはないだろう!と。
オマケに「主将なんです!飛んできたボールを捜しきて・・・」
主将って!!
(ちなみにセリフはあやふやなので、アニメと違います~)
人間Verのニャンコ先生かっこよかったです。猫の姿も好きですが、また何か違うんですよね(笑

テーマ:夏目友人帳 - ジャンル:アニメ・コミック



| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2008 空色ウイングス, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。