上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

金色のコルダ 11 (11) (花とゆめCOMICS)金色のコルダ 11 (11) (花とゆめCOMICS)
(2008/09/05)
呉 由姫

商品詳細を見る


<あらすじ>
無事学内コンクールが終わり、一人ひとりが自分の未来へ向けて歩き出す。
そんな香穂子の前に「君に会いに来た」という謎の転校生が現れて・・・!!

本編が3本と王宮パラレル、加地くんの番外編が3本と豪華な内容です!
男性陣の学ラン姿も見れちゃいますー!

<感想>
やっと加地くんの登場です!
待ってたよ!ずーっと待ってたんだ私は!
表紙ももう最高ですっ><呉先生の書く加地くんを見れただけでも満足なんだ!(←

この巻から新章ということで、みんな自分の未来へ向かって進み始めています。
香穂ちゃんも月森と同じ舞台に立ちたい・・・!と思い始めているわけで。
でも、本当に香穂ちゃんは凄いなぁと思います。
だっていきなりコンクールに出ろ、なんて言われてしかもあんなにレベルが高い中で。
私だったら間違いなく逃げ出しちゃってます^^;
なのに、ちゃんとやり切って走り続けていく、そんな香穂ちゃんが大好きなんです!

土浦に言いたいっ!
香穂ちゃん取られちゃうぞー!
でも、間違いなく加地くんをライバル意識してて、でも素直になれないそんな所が土浦なんだよなぁ・・・(笑
柚木と火原にも変化は出てて、柚木は自分の家のことを考えなくちゃいけないんですよねぇ。
それを心配する火原が本当に友達思いなんだと感じました。
月森も土浦を認め始めた・・・のかな?

王宮パラレルは志水の登場の仕方にびっくり!
らしいと言えばそうなんですが、あれは・・・!ねぇ?
普通に見つけたら救急車呼びそうです(笑
柚木も貴族服似合いすぎでしょう!全く違和感がないですもん!
職業としてピアノを弾くんじゃなくてボランティアで弾きたい、という土浦がそのままだなぁと。
お姫様な香穂ちゃんも可愛かったです。でもお父様って!吹きました!

最後の幼少時代の3年生コンビがキュンキュンです~
加地くんの特別編も豪華でとても楽しめた一冊でした^^
スポンサーサイト


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2008 空色ウイングス, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。