上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<あらすじ>
ある日、夏目の前に突然現われたニャンコ先生似の黒いネコ。
部屋に入れて様子を伺っていると、友人帳を持って逃げてしまう。慌てて追いかけた夏目とニャンコ先生だったが・・・?そして謎の黒ニャンコの正体は・・・?




待ってました!夏目友人帳の第二期!!
前回と変わらなく見終わった後の暖かい気持ちは最高です(笑

さて感想いってみよう!

まずOP
悪くはないんだけど、なんというかちょっと賑やかすぎやしないかい?というのが第一印象。
歌詞とか聴いていると結構良いのですが・・・
一期のOPが良かったので少し残念。でもコレはこれで好きなので!
歩いている夏目の周りを通り過ぎて行く人達という設定が夏目っぽくて好きです^^


黒いニャンコ可愛すぎますw
LALAの付録の黒ニャンコも触り心地最高でしたよーw
部屋に上がりこんだ時の足跡とか超プリティーなんですが!!可愛すぎるw
久しぶりの二人のやりとりも面白かった~大好きです!
ところがこのプリティー黒ニャンコは友人帳を盗んでしまう!しかも結構なスピードで(笑


「もう少し、もう少し探させてくれっ!妖怪達の大切な名前を預かっているんだ!」
夏目は妖怪の名前を預かる、という事の責任の重さをちゃんと感じていている。
だからなんとしても取り返さないとという気持ちが伝わってくるこのセリフ。

こんな夏目だからこそニャンコ先生も傍にいるのかなぁ・・・

ニャンコ先生が斑に戻った時の声のギャップが凄いと思うw
一気にかっこよくなっちゃうし(笑 声優さんて本当にすごいよなぁと当たり前の様に実感。

女子高生Verの先生も美人で好きですがwレイコさんに見えるw
夏目の名を返すシーンも前回に増して迫力や演出が良かった。
二期になって作画も本当に良くなったような気がします。

そして、謎の黒ニャンコは森の妖怪達がずっと探していた主様でしたね^^
リオウという名前を夏目から返され封印が解かれます。
(主様かっこいいっー!)←私の心の叫び(笑
力が戻ったリオウのおかげで妖怪達の混乱も一段落。


「人の一生は短いね。皆に阿呆だと言われた理由が分かった気がしたよ。私は人が好きだ。だからもう人里には降りない。」(リオウ)
人が好きだからこそ今回の様に人に迷惑をかけたくない。
彼は主にふさわしい優しい妖怪ですよね。友人帳を持って逃げたのも封印されたままでは話せないから。
最後にお風呂のお礼をきちんと告げるところが彼らしくて良かったです。


「最近困るのは、小さな別れを少し寂しいと思ってしまう所だ。」(夏目)
これは「小さな出会い」を夏目が一つずつ大切にしているって事ですよね^^
この作品は出会いと別れを上手く表現した素晴らしいアニメだと思ってます。
これからどんな物語が続くかますます期待です!


夏目のセリフからEDへのつなげ方流石です!よりEDの良さを引き出していて1話から感動・・・!
映像も季節を合わせてあるし、それぞれの足跡が残る演出がいい!
ニャンコ先生はちょっとお腹を引きずっている・・・?
夏目らしくて好きなEDでした!


なんか好き好き連呼してますが、好きなんだよ!(笑
次回のお話も楽しみだな~
スポンサーサイト

テーマ:続夏目友人帳 - ジャンル:アニメ・コミック



| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2009 空色ウイングス, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。