Selected category
All entries of this category were displayed below.

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<あらすじ>
釣りにきた夏目は夏の暑さで干上がってしまったダムを見つける。そのダムからは沈んでしまった村が姿を現していた。その後、夏目は水面で人影を目撃しそのまま倒れてしまう。人影は燕の妖怪で、昔ご飯を与えてくれた人間に会いたいというが、その人は燕の姿を見ることができなくて・・・

<感想>
名作でした。
大好きだった話がアニメで忠実に再現されて、とにかく感動ですー!
燕の声がイメージ通りものすごく可愛くてっ・・・!!もう、最高です!

「優しいものが好きです。 温かいものが好きです。 だから、人間が好きです!」

原作で読んでも、アニメで聞いてもじーんとくるこのセリフ。
なんでこのアニメに出てくる妖怪たちはこんなにも優しいんだろうなぁ。どの妖怪も暖かい気分にさせてくれるのです。
燕の手が冷たいのはその分、心が暖かいのだと思ってます。
言い方を間違えてしまった夏目を怒らないのも、夏目が不器用で本当は優しいって燕のしっかり分かっているんですよね。

「情が移ったからさ!友人の為に動いて何が悪い!」

夏目が素直に叫んだこのセリフも、燕への思いがそのまま現れていて良かったです。
夏目の成長?というか変化を感じるというのもこのアニメの見所だと思ってます。
あと、ニャンコ先生との関係もですね。会話が深くなっているんですよ。祭りに参加して馬鹿だなぁ・・・と思っていても結局は助けてしまうんですから!ニャンコ先生も本当は優しいのです。

「行ってきます!」

そのまま帰っては来なかったんですが、最後の写真の燕が幸せそうでっ・・・!
夏目の涙でこっちまで泣きそうでした。
最近思うのですが、このアニメ別に深夜じゃなくても問題ないですよね。
もっと沢山の人に見て欲しいと思える作品です。

テーマ:夏目友人帳 - ジャンル:アニメ・コミック


<あらすじ>
レイコの遺品の中から一枚の切符を見つけた夏目。
その切符を手がかりに駅を訪ねてみると、その駅はすでに廃線となっていた。
だが、駅には「さんと」と名乗る妖がいた。
「さんと」は「みくり」とケンカをしてしまい仲直りをするのに一緒に行ってあげる、とレイコと約束をしていた。
夏目はレイコの代わりに「さんと」と共に「みくり」の元へ行くが・・・?


<感想>

私はきつねうどんのきつねは真ん中で食べますよー
先でもないし、後でもないのです。まぁ、どっちでもいいのですが(笑

さて、今回はアニメオリジナルストーリーでしたね。
オリジナルでも、夏目は夏目でした。やっぱりいいですねw
ちなみに「さんと」を愛らしく感じるか、うっとおしく感じるか、ですが私は前者でした。
椅子にこしかけている時点からやばかったです。可愛いですww
ただ、ちょっと話し方があれなので聞き取りにくいなぁ・・・とは思いましたが。
「友情」がテーマだったみたいで良かったです。
ケンカをしてしまった北本と西村、「さんと」と「みくり、親友だから仲直りができたんですよね。
親友じゃなくちゃケンカなんて出来ません。
私にとっては一番身近なテーマに感じました。

そしてなにより田沼ですよ!!
夏目とナイスプレイ!みたいな^^
いつの間にあんな仲良くなったんだっ!!ですね。
なんか今、めちゃくちゃ嬉しいです。

ニャンコ先生も大活躍でしたね。
斑がかっこよかったー!
ニャンコ先生と夏目の間にも親友というものが生まれてきていますね。
一話から比較すると、ニャンコ先生はあまり「友人帳は夏目が死んだら自分がもらう」と言わなくなりましたし。反対に夏目のことを怪我がないか心配したりしています。
こういう時間の流れ・・・?でしょうか、こういうのをこのアニメは上手く表現できてるなぁと思います。

今回もお腹いっぱい満足です!
来週は「水底の燕」ということで、この話私夏目の中で一、二を争うくらいの名作だと思っています。
どうアニメにしてくれるのかなぁ~



テーマ:夏目友人帳 - ジャンル:アニメ・コミック


<あらすじ>
取り壊されることが決まった旧校舎での肝試しに参加することになった夏目。
ところがその校舎には、生徒たちを次々と消してしまう妖がいた。
また学級委員である笹田に、見えるの?と聞かれ助けて欲しいと頼まれるが・・・?


<感想>
干からびていた河童が大好きですっ!
やばかったですよー!
また、水をかけていあげる夏目も素敵ですよww

さて、今回も優しくて素敵な話でした。
「時雨様、名を返します。 一人の女の子の心を支えた優しいものの名前です」
このセリフがじーんと心に響きました。
夏目も、逃げようと思ったらニャンコ先生に乗って逃げれたんですよね。
アニメ初期の夏目だったら、妖と関わらずにいようと逃げたのではないでしょうか?
「自分に出来ることはやりたい。」
という決意というか、あぁ変わったんだなぁと思いました。

時雨も自分は不浄の者だから・・・と笹田を避けてきてましたが、それって人間を愛しているから出来ることなんですよね。
優しいんですよ。
最後は、不浄の者じゃないって気づけてよかったです。
「ありかとう。」の一言が胸にしみました。

今回つっこみたかったところは、ニャンコ先生が人間に化けたときの夏目の言い訳。
「ドッチボール部なんです!」
で、それはないだろう!と。
オマケに「主将なんです!飛んできたボールを捜しきて・・・」
主将って!!
(ちなみにセリフはあやふやなので、アニメと違います~)
人間Verのニャンコ先生かっこよかったです。猫の姿も好きですが、また何か違うんですよね(笑

テーマ:夏目友人帳 - ジャンル:アニメ・コミック



<あらすじ>

名前を返却する日々が続く夏目の下にあるとき2匹の妖怪が尋ねてくる。
妖怪たちは、最近人間が妖怪退治をしてくるので助けて欲しいと夏目にお願いにきたのだ。
人間は無理と断る夏目に妖怪たちは、どうしても・・・!という。
また、そのころ学校では田沼という転校生が「見える」らしく、犯人ではないか?と疑問を抱く夏目であるが・・・?


<感想>
いや。もう。可愛すぎじゃないですか??
尋ねてきた妖怪さんたちがめちゃくちゃ大好きなんですけど!!
私的には、赤色っぽい色のボーっとしているほうが好きです。もう片方が床にどんどん頭を打ち付けてお願いする姿が・・・・!!あの目がいいんです!!目が!!(笑

そして、またこの可愛らしい妖怪さんとは逆に素晴らしい物語が!!
感動+笑い=素晴らしい作品
って感じです。このギャップが本当に大好きです。
今回、夏目の小さいころのエピソードが出てきましたねぇww
人間に化けまで話しかけた妖怪。それを酷いと拒絶した夏目。
切なかったです><
それでも話しかけたかったんだ、というその妖怪の気持ちが暖かかったです。

お友達もできたみたいで。(あれ、友達になったんだよね?)
夏目少年が新たな第一歩を踏み出しましたよーー!!

ニャンコ先生は相変わらずですね(笑
酔っ払って帰ってくるとき、襖の隙間からニョーンと出てくる姿がまた!!
先生、伸びるんですねぇ。
今回は斑と猫の姿の時の声の違いに驚きました。
最後のほうで叫んだ時の声が一瞬、誰っ?と思ってしまいましたもん。
かっこよすぎです。井上さん凄い!
こんなに声を使い分けるとは声優さんって本当に凄いですね^^



テーマ:夏目友人帳 - ジャンル:アニメ・コミック


<あらすじ> 

友人帳の名前を少しずつだが返していく夏目のもとに、あるとき名を返して欲しい、と露神と名乗る妖怪が尋ねてきた。ところがその名前は後の名前とくっついていて、返すことが出来ない。
しかたなく2人一緒に名前を返そうと、妖怪の捜索を始めるが・・・?


<感想>

さずが夏目。2話も期待通りでした。
ものすごく良かったです!
この話は原作から大好きで、話も知っていたんですがちょっと涙腺が危なかったです^^;
露神とハナさんの気持ちが切なくて、切なくてっ・・・
ハナさんと一緒に消えていく露神のシーンとかもうなんともいえませんでした。
本当に思いあうってこういう事なんですね。
体も心もすべて一緒なんだ、みたいな。
夏目は自分が代わりに祈りにくるから消えないでくれって頼むけど、それを断って一緒にいくと。
向こう側で二人が出会って幸せになれることを祈るばかりです。

気になったのはニャンコ先生がすっかり夏目の家族の一員となっていること(笑
マグロだけは食べるとかどんだけグルメなんですか!!
尻尾がものすごくふりふりしてて可愛かったですww
あとはやっぱり露神の似顔絵が強烈ですね!!
漫画で見たときも吹いたんですがアニメでも我慢できませんでした。
違いすぎますよ!ほんとに!!


来週も楽しみだなぁ^^

テーマ:夏目友人帳 - ジャンル:アニメ・コミック



Prev | HOME | Next


Design by mi104c.
Copyright © 2017 空色ウイングス, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。